【後悔する前に】医学部と薬学部は勉強内容違う?どっちが大変?

医学部と薬学部は勉強内容違う?勉強量はどっちが大変?

医学部と薬学部ってどれくらい勉強内容・量は違うの?どっちが大変?

 

こういった疑問にお答えします!

ガッシー

医学部は夢のある学部。

そんな勇気ある一歩に挑戦していること自体素晴らしいです!

 

でも、医学部受験は厳しい世界…

同じ医療系学部である薬学部を考えることもありますよね…

 

そこで本記事では医学部受験を考えている方向けに、

医学部と薬学部の勉強内容の違いは?どっちが大変?

を現役医学生の筆者が解説していきます。

 

筆者自身も医学部受験を経験していますし、さまざまな受験生を指導した経験からも実態をお話しています。

 

本記事を読めば、あなたが知りたい情報をゲットできますよ!

3分程度で読み終わるので、最後まで読んでいただけるとありがたいです!

 

 

【結論】『医学部を諦めて薬学部(医学部崩れ)』は後悔しかない

【結論】『医学部を諦めて薬学部(医学部崩れ)』は後悔しかない

先に結論をお伝えすると、医学部も薬学部もどちらも素晴らしい学部

同じ医療系の学部として無くてはならない存在です。

 

ただし、大学受験も大学生活も、大学卒業後も基本的に医学部の方が圧倒的に大変です。

 

また、勉強内容や将来のキャリアも医学部と薬学部で違います。

医学部を諦めて薬学部に行く(いわゆる『医学部崩れ』)は後悔する

ことが多いです。

 

医学部を諦めて薬学部に来たけど、思っていたのと違った…人生崩された…

と思う人が多いですよ。

ガッシー

筆者もさまざまな受験生を見てきましたが、医学部受験に合格できないからと言って薬学部に行った人はみんな後悔しています。

 

【現役医学部解説】医学部と薬学部の違い

【現役医学部解説】医学部と薬学部の違いは?

大学受験における難易度

大学受験において医学部と薬学部では大きな差があります。

医学部受験の偏差値は最低でも65程度あるのに対し、薬学部では最低40程度

最大でも65程度であるため、医学部受験の方が難しいと言えるでしょう。

 

大学で学ぶ勉強内容・勉強量の違い

大学で学ぶ勉強内容・勉強量の違い

医学部と薬学部で学ぶ勉強内容や勉強量は大きく違います。

 

医学部では解剖や生理学などを中心に疾患の診断・治療、さらには研究なども学びます。

 

薬学部はあくまで『薬』の勉強がメイン。

薬の構造式や化学的性質などの勉強が中心であり、医学的な診断・治療についてはそこまで学びません。

ガッシー

医学部は医学全般を学ぶのに対し、薬学部は医学の一部分を特化して学んでいる感じです!

 

そのため、勉強する科目数は医学部の方が圧倒的に多く勉強量も医学部の方が多いと言えるでしょう。

簡単に比べられるものではないですが、1.5~2倍ほど医学部の方が大変だと言われています。

 

MEMO

医学部の勉強内容は解剖や生理学などの根本から病気を理解していくため『理解力』や『基礎から考えていく力』が求められます。

 

それに対し薬学部の勉強内容は薬について勉強していくのがメインであるため『暗記』が非常に多いのも特徴です。

 

  • 医学部 ➔ 理解力重視
  • 薬学部 ➔ 暗記重視

ただし、医学部の方がそもそもの勉強量が多いため、絶対的な暗記量は医学部の方が多いと言えるでしょう。

 

将来のキャリア・年収の違い

将来のキャリア・年収の違い

医学部を卒業すると医師、薬学部を卒業すると薬剤師になることができます。

医師の平均年収が1200~1400万なのに対し、薬剤師の平均年収は500~600万。

年収の差は倍以上あります。

 

また、薬を患者さんに渡せる権利(いわゆる『処方箋』を出す権利)は医師にしかありません。

つまり、薬剤師は医師の言ったことに従うのが基本です。

患者さんを自分の力でなんとか治療してあげたいと思っても、それができるのは医師だけだと言えるでしょう。

ガッシー

医学的に人を治療することに興味があるなら医学部一択です。

 

MEMO

薬剤師の仕事は、

  • 医師の処方の間違いを確認(疑義照会)
  • 患者さんへの指導
  • もっといい治療薬があれば医師へと紹介

などなどがありますが、基本的には医師の処方箋に従うことしかできません。

 

その中でもクリエイティブを発揮して活躍する薬剤師の様子は以下のマンガでも知ることができますよ!

 

MEMO

今回紹介した薬剤師以外にも、薬学部を卒業するとさまざまなキャリアがあります。

製薬会社に就職したり、コンサルに就職したりと幅が広いのは特徴と言えるでしょう。

医学部を卒業した人のほとんどが医師になることを考えると、薬学部の方がキャリアの選択肢は広いと言えるでしょう。

 

だからこそ将来について悩むことが増えてしまうこともあり、このようなエリートコースは基本的に旧帝大レベルの卒業生にしか開かれていないという裏事情もあるようです。

 

【まとめ】医学部と薬学部の勉強内容・量の違いは?どっちが大変?

本記事では現役医学生の筆者が、

医学部と薬学部の勉強内容・量の違いは?どっちが大変?

を解説してきました。

 

医学部と薬学部は勉強内容が異なり、医学部の方が勉強量も多く、大変だと言えるでしょう。

ガッシー

医学部と薬学部は同じ医療系といっても全く異なる分野だと思っていいですよ!

 

最後に本質的なことをお伝えします。

医学部にしようかな…薬学部でもいいかな…

と悩む気持ちも分かりますが、悩む時間がもったいないです。

 

医学部を中途半端な気持ちで諦めた薬学部志望は後悔しかありません。

たしかに、医学部受験の難易度は高いですが、それで将来を諦めて後悔しないと言えますか?

 

医学部受験に向けてできることはまだまだあるはず。

悩み続けている間に、大学受験のライバル達はどんどん勉強を進めています。

悩み続ける前に、医学部合格にむけてできることを進めましょう

ガッシー

志望校合格は特別な体験。筆者も一生忘れられない瞬間になりました。

 

あなたは100%準備できている自信はありますか?

勇気を出して挑戦してみましょう!

 

【医学部受験】医学部生おすすめ時短アイテム・グッズ【医学部受験】現役医学生おすすめ時短アイテム・グッズ8選 医学部の受験勉強に役立つアイテム!【現役医学生おすすめ】【現役医学生おすすめ!】受験勉強に本当に役立つアイテム15選医学部受験にベストな睡眠時間は?【現役医学生が解説!】【正解は〇時間】医学部受験にベストな睡眠時間を現役医学生が解説!【女性医学部受験生必見!】生理・月経はどうするのが正解?受験と重なったら?ずらす?女性医学部受験生へ!生理・月経はどうするのが正解?受験と重なったら?ずらす?